3月も下旬。
京都嵐山も冬の寒さから開放され温かい日も多くなってきました。

春と言えば「桜」ですが、嵐山にも桜の名所がたくさんあります。

渡月橋から山手に望む桜。
天龍寺
車折神社
大覚寺 など

開花予想から遅れ、まだ今は蕾の状態ですが、
気温が上がれば1週間後くらいに見頃になるのではないかと思います。

そして、4月からは新たなスタートの時期でもあります。

スパークリング嵐山でも新年度のスタートにあたり、新商品をいくつか考案中です。もちろん、すべてスパークリング(ティーソーダ)です。

その第1弾として、桜の香りが引き立つティーソーダの提供を開始しました。

桜の葉をふんだんに使った日本茶で、春の季節感満載の一品です。桜餅のような香りが広がり後味は日本茶の程よい渋みが残る、とても美味しいティーソーダです。

是非お試しください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。