☆連載開始☆

私は京都嵐山で”Sparkling Arashiyama”というスパークリング ティーソーダ専門店を経営しています。ここは私が手がけた階段下のスペースを有効利用しオープンさせたお店です。

少しお店の説明をさせてもらいます。”Sparkling Arashiyama”とは、「嵐山をスパークさせる」という大きな目標を掲げ、スパークリング ティーソーダを販売しています。スパークリング ティーソーダとは、簡単に言うと炭酸入り紅茶です。南仏やモナコなどでは親しみのあるスッキリとした飲みものです。商品ライナップとしては、紅茶は勿論のこと、日本茶をベースにしたものやカフェインフリーのフルーツティーなど様々な種類のスパークリング ティーソーダをお楽しみ頂いています。

どんなお店をやっているか興味のある方は、

こちら↓
スパークリング嵐山

このお店を開店するまでの経緯をお話しします。

このお店の入っている小さなビルですが、私が所有しています。最寄りの駅からの徒歩3分ほどの場所にあり、観光シーズンにはたくさんの観光客の方が日本、海外問わずこのビルの前を通ります。ですが、ビル購入当初たくさんの観光客行き来するにも関わらず、ビルとしての収益は0でした。なぜなら、1階はスナックで夜のみの営業。ビルはただそこに存在しているだけでした。もっと”ビルとしての価値を上げたい”と思い、道路に隣接している階段スペースで何かビジネスができないか?と思いつき様々な問題を乗り越えて開業することができました。

その過程の出来事をこれから綴っていきたいと思います。

“階段下ビジネス”は狭いという利点を活かして収益性の高いビジネスを展開していく”宝の宝庫”です。実際に”階段下ビジネス”を経験したからこそ分かる内容をシェアしていきます。例えば、狭小スペースに入る冷蔵庫をどうするか、保健所とのやり取りや資金調達など。

とにかく「稼ぎたい方」「小回りのきくビジネスを複数持ちたい方」「ビルオーナー」「不動産業者」「コンパクトなお店をオープンしたい方」「実験的にお店をやってみたい方」など参考になると思います。

次回より詳細をお届けします!

では!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。