「嵐山からゴミをなくそう!」キャンペーン!!

“Sparkling Arashiyama”ではプラスチックゴミを減らす取り組みとして、飲み終えたプラスチックカップを返却していただくと10yenお返しいたします。

返却頂いたカップは洗浄し、衛生面に配慮しながら再利用できるものは再利用します。そうでないものは、プラスチックゴミとして捨てなければなりませんが、それもちゃんと洗浄し正規のゴミ処理をしています。

以前、テレビ番組で日本で処理しきれないプラスチックゴミは中国へわたり、そのプラスチックを処理するための前工程としての洗浄汚水が川を汚し海を汚す映像を見ました。また、海に漂流しているプラスチックゴミを魚が食べ、当然消化できず胃袋からそのままの形で発見されるケースも。

次世代のことや、地球のことを考えプラスチックは減らしていかなければなりません。

少しでもゴミを少なくできるよう、またゴミとして廃棄しなければならないものは、正規ルートでちゃんと処理をすることで環境への影響を極力減らすことができるよう、”Sparkling Arashiyama”では取り組んでいきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。